【小中学生でもイメージできる暗号通貨の世界】ブロックチェーンの種類~パブリックチェーン

まさに旬

【小中学生でもイメージできる暗号通貨の世界】ブロックチェーンの種類~パブリックチェーン

情報のチェーンをつないでいく作業を誰がするのか

不特定多数の参加者が承認する方法

暗号通貨は、デジタル通貨。

法定通貨のように、実物があるわけではないので、デジタルな記録が必要になります。


△△さんから、■■さんに何枚の通貨を送ったよ♪

ということを、インターネット上の台帳に記載していかなければなりません。



法定通貨ならば、銀行が管理しますよね。管理するのは銀行と決まっているので、

中央集権的

と言います。


暗号通貨の場合、本来的には、中央集権的でないやり方で台帳への記入をしよう( ´ ▽ ` )ノということを良いところとしています。
誰でもその記入に参加できるのが基本ですが、それに加えて、記入に参加できる人が限られているものもあります。


つまり、中央集権的色合いが薄いものと濃いものがあるということです。

海外の通貨 コインと紙幣

最も公に開放されているパブリックチェーン

中央集権から一番遠いチェーン

中央集権的な管理から、一番遠いところにあるのが

パブリックチェーン。

通貨の送金の履歴記入には、誰でも参加できます。

そう、これを読んでいるあなたもです(´艸`*)



中央に管理者がいないので、やりたい!と手を挙げてくれたみんなで記入のお手伝いをしていきます。

その代わり、記入の早い人もいれば、遅い人もいますし、お金のやり取りをしたい人が増えるほど、なお完了までに時間がかかります。

お金のやり取りが瞬時にできないことが、ちょっとしたデメリットとも言えますが、不特定多数の人々が承認に関わるからこそ、改ざんという危険性を回避している、というメリットでもあるのです♪閉じられた組織の中だけだと、その中で改ざんをしても浮き彫りになってこないでしょ(*´з`)


「この通貨のやり取りは正しいね!」ということを承認していく作業に参加すると、一番早く問題を解けた人に、「ありがとね♪」ってお礼がいただけるのです。


承認作業をした暗号通貨をもらえます★

これを


マイニング

って言うんだね(∩´∀`)∩

マイニングファーム マイニング用高性能パソコン


暗号通貨を手に入れるのには、購入という方法もあるけれど、こうして正しいやり取りを承認していくお仕事によっても得られるのです♪


でも、この仕事をするのはパソコンなので、あなたが電卓片手に計算する必要はないので大丈夫★

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ